豚舎用ステンレス資材《優秀賞》

株式会社コマックス

農畜産施設の豚舎の床材、内装材、柵材は従来よりメッキ製品が使用されていますが、豚舎環境の高温多湿と家畜排泄物成分(生糞尿のアンモニア成分)によって3~4年ごとにメンテナンスが必要であったため、衛生面からもステンレス鋼の適用が進みつつあります。
使用部材の腐食環境に応じてSUS430、304を使い分け、更に強度の必要な部材には高強度の二相鋼(NSSC2120)を使用することで薄肉軽量化による低コスト化が図られています。
ステンレス化はライフサイクルコスト面で有利であることから、今後牛舎他の畜産設備市場にも横展開が期待できます。

使用鋼種:NSSC 2120、SUS304、SUS430