耐塩形柱状変圧器 ≪特別賞≫

株式会社日立産機システム様

柱状変圧器は配電系統の代表的装置であり、高い信頼性が要求される一方で、周囲環境を問わず海岸部のような塩害の影響が大きい地域にも多数設置されています。

通常このような地域にはケースの耐食性を高めた耐塩形と呼ばれる仕様で、ケース材の普通鋼を錆び難くするため、亜鉛等のめっきを施して保護する手法に限られていました。

新しいアプローチとして、ケース材料にフェライト系ステンレス「NSSC 409L、410WM」を採用し、ケース素材そのものの耐食性を高めた柱状変圧器が製品化されました。

普通鋼用の既存設備での製造が可能であり、LCC面でも有利な業界初の製品です。

使用鋼種: NSSC 409L、NSSC 410WM
使用量: 約25kg/個(一例)