当社製品に関するおことわり

  1. JIS規格は最新年度版を運用するのが原則です。JIS規格品に適用年度の表示がないものは、契約時の最新年度のJIS規格に準じて製造されたものです。
  2. 化学成分値は、原則として溶鋼分析値とします。ただし、製品分析値を化学分析値として報告する場合があります。
  3. 薄板商品の板及び帯のミルエッジ注文に、カットエッジ(スリットエッジ)品を充当する場合があります。
  4. 薄板商品の板及び帯のミルエッジ品(タンデム商品を除く)の幅許容差については、お客様のご指定がある場合を除き、注文幅+10mmを最小値とします。ミルエッジ注文にカットエッジ(スリットエッジ)品を充当する場合でも、当許容差を適用します。