既成概念をくつがえした「軟らかく加工しやすい」ステンレス
高成形性ステンレス潤滑鋼板/NSSC 304JS

開発経緯

「高成形性ステンレス潤滑鋼板(NSSC 304JS)」は、「最も柔らかい」オ-ステナイト系ステンレス鋼板。表面に摩擦係数の小さい潤滑皮膜を塗装し、従来のステンレス鋼板(SUS304)と比べて、「プレス加工で2倍伸びる(絞れる)」とともに「プレス圧力(荷重)を1/2に小さくする」ことを実現した画期的な商品だ。

NSSC 304JSは、住友金属工業が培ってきた『極軟質ステンレス鋼』の研究開発と、新日鉄の「潤滑塗装技術」の上に実を結んだ製品。 ステンレス鋼は、普通鋼と比べると硬くて加工しにくいが、その多くは、ステンレスの流し台(シンク)のように、鋼板をプレス加工して作られる。この製品はステンレス鋼の、錆びにくく耐久性に優れる特長をさらに活かし、「硬く加工しにくい」という既成概念を覆した。

研究最前線から

薄板・自動車材料研究部
主任研究員
秦野正治

汎用SUS304は高延性ですが、加工歪が入るとオーステナイト組織から硬いマルテンサイト組織に変態するため(加工誘起マルテンサイト変態)、プレス加工の段階で、材料自体が硬くなってしまいます。そのため、数回にわたってプレス加工を施すような複雑な形状を作ることはできません。また、材料をただ軟らかくするだけでは、高延性は得られません。

ステンレス鋼の「プレス加工性2倍」、「プレス圧力1/2」を達成するには、プレス加工での加工硬化の抑制を図りつつ、延性が良い最適な材料設計を見出すことが必要でした。さらに、材料特性を最大限に引き出すため、プレス加工での金型との摩擦力を徹底的に低減する必要がありました。そのために不可欠だったのが、鋼板表面への潤滑塗装です。今回、クロメ-ト処理を省略した環境負荷の低い塗装皮膜を実現しました。

詳細情報

NSSC 304JS

極軟質・高加工性オーステナイト系ステンレス鋼。