人権・多様性の尊重について

    (1)人権尊重
    当社グループは、世界人権宣言等の人権に関する国際規範の下で、多様な価値観を尊重し、円滑なコミュニケーションと協働により個性を活かすことで、豊かな価値を創造・提供していきます。
    また、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」などに基づき、企業の社会的責任を踏まえて制定した「新日鉄住金グループ企業行動規範」に則り、経済のグローバル化に伴う人権問題などに充分配慮しつつ、 高い倫理観をもって事業活動を展開しています。
    労働者の権利を守り、強制労働や児童労働を排除する等、あらゆる人権の尊重は企業活動の基本です。
    当社グループは国籍、人種、宗教、思想信条、性別、年齢、性的指向、障がいの有無等に基づく不当な差別の排除に努めています。また、海外事業の展開にあたっては、各国特有の伝統・文化・商習慣・労使慣行等にも充分な配慮をしています。

    (2)児童労働・強制労働の防止
    当社は、児童労働・強制労働に関する国際規範を基本とし、双方を根絶するとの方針の下、グループ会社に対して定期的にモニタリング調査を実施し、当社の事業活動における発生を防ぎます。

    (出典:新日鐵住金レポート2018)