鹿島製造所

概要

昭和43年に鹿島日本ステンレス株式会社として創立以来、ステンレス薄板工場として長年にわたり冷間仕上薄板鋼板の製造を行ってきました。 平成15年10月、NSSCとして、新たなスタートをきりました。従来生産してきた厚板は八幡製造所、タンデム圧延冷延鋼板は新日鐵八幡製鐵所(現・新日鐵住金(株)八幡製鉄所)に移管・集約され、現在は、光製造所薄板工場とならぶ当社薄板事業の一翼を担います。家電製品、厨房機器、自動車排気系等に使用されるクロム系薄板の製造基地として、培ってきた高級品製造技術を数々の製品分野に生かしています。また、熱延鋼板は、当所で集中生産を行っています。

設備装備力

薄板工場:No.3冷間圧延機
薄板工場:No.4焼鈍酸洗ライン
自走式無軌道運搬車 (AGV)

鹿島製造所の所在地

〒314-0014
茨城県鹿嶋市光2-1 地図を表示
Tel. 0299 (84) 3702

鹿島製造所までのアクセス

公共の交通機関をご利用の場合
●[高速バス]鹿島~東京駅線「鹿島製鉄所」下車(約100分)、タクシー利用(約3分)。
●[高速バス]鹿島~羽田空港線「鹿島製鉄所」下車(約100分)、タクシー利用(約3分)。
(ご注意)「鹿島製鉄所」前にタクシー乗り場はございませんので、携帯電話でタクシー会社と連絡をとり、待ち合わせされることをお薦めします。詳しくは当所関係者にお尋ねください。