当社独自鋼種を採用した醤油タンクが竣工

2017/06/07

新日鐵住金ステンレス株式会社(NSSC、所在地:東京都千代田、代表取締役社長:伊藤 仁)の独自鋼種合計約40トンが、福岡県醤油醸造協同組合殿の諸味醗酵タンク用(2017年3月31日竣工)に採用されました。

今回竣工した諸味醗酵タンクは、福岡県醤油醸造協同組合殿が福岡県筑紫野市の工場内に新設したもので、醤油の原料となる諸味を約半年間かけて麹菌酵素や酵母菌等の働きにより発酵熟成させる設備です。このタンクの構造は、タンク缶体、水冷式ジャケット、外装の3層になっており、それぞれの要求性能を満たす3種類の鋼材が採用されました。塩分濃度の高い諸味を保存するタンク缶体には、耐食性に優れ海洋施設にも使用されるNSSC®270、耐震性の観点から水冷式ジャケットには高強度特性を持つNSSC®2120、また外装材には周辺環境に配慮し防眩性に優れたナルカラー®(塗装ステンレス、NSSC®180原板)が使用されています。

尚、NSSC270が醤油タンク缶体として採用されたのは、九州地区では長工醤油味噌協同組合殿(長崎)・大分醤油協業組合殿(大分)に次いで3例目であり、NSSC2120が食品タンクの水冷式ジャケットとして採用されたのは国内初となります。

福岡県醤油醸造協同組合殿は今年度以降、更に3基の諸味醗酵タンクの増設を検討されており、このタンクにも同様に当社独自鋼種の採用を検討いただいております。

【物件概要】
発注者  :福岡県醤油醸造協同組合殿 
設置場所 :福岡県筑紫野市(2017年3月31日竣工)
工事名  :諸味醗酵タンク新設工事 5基(100キロリットル/基)
製造   :明新工業株式会社殿 
使用鋼材 :

  • 1)タンク缶体     :NSSC270(20Cr-18Ni-6Mo-0.2N-LC)
    薄板、厚板(板厚2.5~6mm) 約20トン
  • 2)水冷式ジャケット  :NSSC2120(21Cr-2Ni) 薄板(板厚2mm) 約15トン
  • 3)外装材(ラッキング):ナルカラー(塗装ステンレス、NSSC180(19Cr-0.4Cu-0.4Nb-LC,N)原板) 薄板(板厚0.35mm) 約5トン
  • 当社は、当社独自鋼種を含めた高機能ステンレス鋼とその利用加工技術を通じて、お客様からのニーズにお応えしてまいります。

    お問合わせ先:総務室  電話03-6841-4800