純ニッケル厚板を商品化し受注開始

2017/11/07

新日鐵住金ステンレス株式会社(NSSC、所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:伊藤 仁)は、純ニッケル厚板(ASTM B162-14 UNS N02201/ASME SB-162 UNS N02201)を商品ラインナップに加え、受注を開始致しました。

純ニッケル厚板はニッケルの純度が99.0%以上であり、高濃度及び高温の水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなどのアルカリ薬品に対し優れた耐食性を有することから、苛性ソーダプラントなどの化学工場や、半導体製造などに使われるフッ素系高純度ガスの製造工程などの厳しい環境にさらされる製造現場を支える基礎素材です。

当社は、2014年1月以降、新日鐵住金株式会社(以下、「新日鉄住金」)直江津製造所で製造していた特殊ステンレス厚板を当社八幡製造所へ集約することで、鋼板の板幅・板長さなどの製造可能範囲を拡大し、お客様により価値のある商品を提供できる体制を整えてまいりました。

当社は今後とも、自社で保有する独自鋼種を含む商品群に、新日鉄住金から引継いだ特殊ステンレスや純ニッケルを加えた幅広い商品レパートリーで、お客様の多様なニーズに対応したソリューションを提供してまいります。

参考:新日鐵住金株式会社から当社に集約を実施した特殊鋼種等の代表例